• Maika Shaku, LCSW カウンセラー

ADHDの治療に関する消費者の視点


こんにちは。 カリフォルニア州公認の心理カウンセラー Maika Shaku, LCSWです。

ライフハッカーで紹介されていた記事が最近日本語に翻訳されました。

『注意不足な我が子。発達障害のADHDか、どう見極める?』の記事の筆者はライターであり、メンタルヘルスの専門家ではないのですが、共感できる部分があったので、紹介させていただきます。 メンタルヘルスの消費者側の視点(正確には親の視点)から書かれている記事なので、読者の皆様にも参考になる部分があるのではないでしょうか。

翻訳記事はこちら: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010000-biz_lifeh-sci&p=1

原文はこちら(英語): https://offspring.lifehacker.com/the-parents-guide-to-adhd-1832794766


原文・及び翻訳記事では、筆者の息子さんがADHDではないかと疑った切っ掛け、ADHDの症状、ADHDの見分け方、ADHDの子供に対する治療法、薬・副作用に関することが書かれています。

私がこの記事を読んで共感、そして偉いなと感じた点は、息子さんのADHDを疑って、そして実際に専門家に相談することを決断した、ということです。 これは簡単なことでは無いと思います。


残念なことに、特にメンタルヘルス系の症状の場合、多くの方は、ご自身やご家族の方が、少し様子が違うなと思っても、実際に専門家に相談する場合が少ないのです。敷居が高いと感じているからでしょうか。 その結果、問題が複雑化・悪化してしまう例を数多く見てきました。

インターネット上の情報を鵜呑みにしたり、それを元に自己診断をしたり、メンタルヘルスの専門家ではない家族や知人からの間違った情報を鵜呑みにすることも少なくありません。

例えば、ADHDの症状である『集中困難』ですが、この症状はADHDの可能性もあれば、不安障害の症状の一つでもあり、うつ病の症状の一つでもあります。別の障害や症状の可能性もあります。 正確な診断は、やはりメンタルヘルスの専門家にしてもらうのが一番です。正確な診断をすることによって、その方に合った治療法を提案出来るからです。


この『注意不足な我が子。発達障害のADHDか、どう見極める?』の記事の筆者は、支援を受ける必要性も重要視しています。

英語の原文では

No matter what treatment road you go down, the important thing is to take the disorder seriously. It’s a real thing, and lack of treatment can have life-altering effects. “Many parents and adults still have the idea that mental illness can be overcome by working harder,” Gundersen says. “But there’s something specific that is going wrong inside all of these people’s brains, and they can’t just ‘get over it’ without help.”

と、ADHDを専門とする精神科医の言葉も交えて締めくくっています。

翻訳記事では

いまだに多くの保護者や大人が、精神疾患は一生懸命取り組むことで克服できると考えています。でも、その人たちの頭の中には明確な間違いがあります。支援なしで「克服する」ことはできません。

と、記事を締めくくっています(翻訳文が原文からかけ離れている部分は省きました)。



ADHDに限らずですが、もしあなたが日常生活で辛い思いをしているのなら、専門家に相談してみませんか? 専門家の力を借りることによって、生き辛さから解放されるでしょう。

助けを求める、支援を受けるというのは、自分(や家族)の事をちゃんと気に掛け、自分(家族)の事を大切にしようとしているという証しです。



心がSOSを出しているな、信用できる誰かに話したいな、と思ったら、いつでもご連絡下さい。お電話で916-533-4535まで。またはホームページのコンタクトフォームからお気軽に。お電話で無料のコンサルテーションをしております。 セッション中など、電話に出られないこともございます。その場合は、お手数ですが、留守番電話にメッセージを残してください。

当カウンセラーは、全米トップクラスに位置づけられている南カリフォルニア大学大学院を優秀な成績で修了(Honorable Mentionを授与)。臨床経験を積んでカリフォルニア州公認のLCSW、心理カウンセラーになりました。週末(土日)と平日夜にカウンセリングを行っております。オフィス外でのカウンセリングをご希望の方には、セキュリティーがしっかりしたオンラインカウンセリングを行っております(パソコンなどの画面上で実際にお顔を見てセッションを行います)。守秘義務あり。

www.maikashaku.com




Keywords: #サクラメント #カウンセリング #オンラインカウンセリング #週末カウンセリング #平日夜カウンセリング #ADHD #落ち着きがない #多動 #守秘義務 #うつ #産後うつ #不安 #産後不安 #妊娠 #妊娠中うつ #気分の浮き沈み #孤独 #国際結婚 #人間関係 #移民 #留学 #駐在 #異文化 #eveningweekendcounseling, #onlinecounselingservices, #Japanesetherapist #counselinginSacramento #therapyinSacramento #ADHD #restless #hyperactive

#MaternalMentalHealth #PostpartumDepression #PerinatalDepression #DepressionDuringPregnancy #depression #PostpartumAnxiety #MoodSwings

If you're having a life threatening mental health emergency, please go to the nearest emergency room or call 911. The information on this website is meant for educational and informative purposes only; it is not intended to be a substitute for mental health treatment.

  • Grey Facebook Icon

Copyrights © Maika Shaku, MSW, LCSW 70059. All Rights Reserved.