• Maika Shaku, LCSW カウンセラー

よくある質問 FAQ

Updated: Apr 5, 2019

こんにちは。 カリフォルニア州公認の心理カウンセラー Maika Shaku, LCSWです。

お陰様で、色々な方々からお問い合わせいただいてます。ありがとうございます。 心理カウンセリング、そして私のサービスに興味を持っていただけて嬉しい限りです。

今回は、お問い合わせの際によく聞かれる質問をまとめました。お役に立てれば幸いです。

Q. カウンセリングでは何をしますか? A. 日本で育った方ですと、カウンセリングって具体的に何をするの?と思う方は少なくないかもしれませんね。 それもそのはず。(最近は変わりつつありますが、それでもアメリカと比べて)日本では、カウンセリングはあまり身近にありませんよね。

カウンセリングでは、クライアントの方々が、悩みやご自身のことを話すというプロセスによって、自分を見つめ直したり、自分を変える切っ掛けになったり、新しい考え方や見方を得たりします。 セラピストはあなたが向き合っている困難や潜在的な問題を解決したり緩和するお手伝いをします。

私のカウンセリングでは、『今、この瞬間』に意識を向けたり、『気づき』をもたらしたり、認知の歪み(非合理的な思考パターン)の治療をしたり、コーピングスキル(ストレスをうまく対処する方法)の取得をします。 様々な治療法(時には話すだけではなく、プレイセラピーという、遊びながら治療していく技法など)を使って、クライアントの方々の症状やモヤモヤを改善するお手伝いをします。

私のセラピーセッションでは、クライアントの方々の症状を一方的に治すのではなく、緩和するお手伝いをします。セラピーを通して、「一緒に」症状の改善を目指します。

声を大にして言いたいのは、アメリカでは、カウンセリングがとても一般的かつ効果的な治療法であると科学的に証明されていること。

そして、カウンセラーは誰にでもなれる職業ではなく、長年の勉強、知識、経験が必要だということ。カリフォルニア州では、州の資格を保持している者だけが、サイコセラピストとして独立・開業を許されていることです。


Q. うつでは無いけれど、カウンセリングを受けられますか? A. カウンセリングはうつの方だけが受けるものではありません。 勿論、うつの方がカウンセリングを受けることによって、大きな効果を期待できますが、不安や心配性の人、人間関係で悩んでいる人、イライラが続く人、気分の浮き沈みが激しい人などにも効果があります。

私の場合、不安、心配性、うつ、妊娠中/産後うつ・不安、孤独、国際結婚、人間関係、移民・留学・駐在・異文化関係などに特に力を入れています。 クライアントの方々の年齢層は小さなお子様やティーンからお年寄りまで幅広く、マイノリティ、移民、移民のお子様・家族を対象にした経験も豊富です。


Q. 薬の処方は出来ますか? A. 質問の答えだけを書くと、私は医師ではないので、薬の処方は出来ません。

メンタルヘルスの専門家・心理カウンセラーとして長い答えを書くと、薬を飲んだからと言って、根本的な問題が解決されるわけではないということです。

困難を乗り越える為には、表面的な問題だけではなく、根本的な問題に取り組む必要があるのです。 近道をするにしても、回り道をするにしてもです。

根本的な問題を放置しておくと、問題が複雑化したり症状が悪化しますし、何よりもご本人がとても辛いです。 どうか症状が悪化するまで待たないでください。


Q. オンラインカウンセリングの利点を教えてください。 A. まずは、オフィスへ出向く必要がないので、時間のロスが少ない事。 サクラメントを含む都市部では渋滞が凄いので、カウンセラーのオフィスと家の往復で時間を取られてしまうと、時間が勿体ないと感じる方も多いでしょう。

基本的に、プライバシーが確保できて、インターネットに接続できる空間なら、クライアントさんがお好きな場所でカウンセリングをする事が出来ます。 クライアントさんにとってリラックス・安心できる場所を、ご自分で選んでいただくことが出来ます。 カウンセリングでは、時に感情が爆発してしまうことがあるでしょう。 そんな時、自分が選んだ、リラックス・安心できる場所に居るというのはとても心強いものです。

強い社交不安がある方、待合室で他の人と顔を合わせたくない方、車の運転ができない方などは、オンラインカウンセリングの方が負担が軽いでしょう。

この記事を読んでいる方の中には、信頼できる日本人カウンセラーが近くに居ないという方もいらっしゃるかもしれません。 オンラインカウンセリングを選ぶことによって、選択肢が広がります。

私のオンラインカウンセリングでは、プライバシー保護のため、セキュリティーがしっかりしたオンラインプログラムを使用しています。ご安心ください。 そしてパソコンやタブレットを使って、実際にお顔を見てカウンセリングを行いますので、顔が見られなくて不安、ということはありません。


今回はお問い合わせの際によく聞かれる質問をまとめました。 他にもいくつかよく聞かれる質問をまとめてあるので、よろしければ、私のホームページのFAQのページをご覧ください。

冒頭にも書きましたが、色々な方々に、私のカウンセリングに興味を持っていただけて、とても嬉しいです。 ストレスが多い私たちの生活の中で、心のバランスを取る、自分の心のケアをする、というのは大変重要なことです。

心がSOSを出しているな、信用できる誰かに話したいな、と思ったら、いつでもご連絡下さい。お電話で916-533-4535まで。またはホームページのコンタクトフォームからお気軽に。お電話で無料のコンサルテーションをしております。 セッション中など、電話に出られないこともございます。その場合は、お手数ですが、留守番電話にメッセージを残してください。

当カウンセラーは、全米トップクラスに位置づけられている南カリフォルニア大学大学院を優秀な成績で修了(Honorable Mentionを授与)。臨床経験を積んでカリフォルニア州公認のLCSW、心理カウンセラーになりました。週末(土日)と平日夜にカウンセリングを行っております。守秘義務あり。

www.maikashaku.com


Keywords: #サクラメント #カウンセリング #オンラインカウンセリング #週末カウンセリング #平日夜カウンセリング #守秘義務 #うつ #産後うつ #不安 #産後不安 #妊娠 #妊娠中うつ #気分の浮き沈み #孤独 #国際結婚 #人間関係 #移民 #留学 #駐在 #異文化 #eveningweekendcounseling, #onlinecounselingservices, #Japanesetherapist #counselinginSacramento #therapyinSacramento, #MaternalMentalHealth #PostpartumDepression #PerinatalDepression #DepressionDuringPregnancy #depression #PostpartumAnxiety #MoodSwings

If you're having a life threatening mental health emergency, please go to the nearest emergency room or call 911. The information on this website is meant for educational and informative purposes only; it is not intended to be a substitute for mental health treatment.

  • Grey Facebook Icon

Copyrights © Maika Shaku, MSW, LCSW 70059. All Rights Reserved.